シナリオクラフトやってきた。

日曜はふらふらでアルシャードガイアやってきました。
GMはトビーさん。
シナリオクラフトということで、HOTをランダム決定ー

「百手巨人」キター!

またもサモナー。
てか、いまのところサモナーベースのキャラしかやってない。
むー、でも、ダイス目がやれっていってるんだから、しょうがないよね?

とか一人でぶつぶつ言いながら、まずは5Lvキャラ作成でスタート。

パーティーは
ホワイトメイジ一本槍(PLホッチさん)
ファイター・ソードマスター・ミスティック(lightくん)
サモナー・ブラックマジシャン(自分)
加護がイドゥン×3・トール・タケミカヅチ・アカラナータ・ブラギ×2・オーディン
なんて、不思議なパーティーの誕生。

1話目は「異次元からの脱出」、2話目が「基地防衛」のテンプレートを使用。
1話目はパーティー内の連携もうまくいかず、敗北。
2話目でそのリベンジを果たすという、全体で見ればうまくまとまった方ではないかなと。

シナリオクラフトって、いかに話をこじつけ演出して流すか、みたいなところがあるので、楽しい。
けど、考え込んじゃう人には難しいのかもしれない。

反省点は、シナリオクラフトの整合性考えるので結構いっぱいいっぱいだったところとか、
パーティーの戦力をつかみきれなかったこととか。
ロールプレイするどころじゃなかったからなぁ
でも満腹。

コメント

サモナーおつかれさまでした。

シナリオクラフトは独特なシステムだから、慣れないうちは、脳の空き領域かなり使っちゃうんだよね。俺も初めてやった前回は大変でした。

こっちがせかせないで、ゆっくりやっていれば、いろいろなことを考える余裕はできたと思うんだけど、そうすると時間が足りなくなって2話ができなくなってしまうんだよなぁ。難しいところです。逆に考えると、前半の敗北がなければ、あの流れは生まれなかったわけだから、TRPGってのは面白いものだねぇ。

2007年6月 1日 00:34 | トビー

トラックバック